トップページ
会長から 沿 革 会則・施行細則 役員・常任理事名簿 様式集 事例集 質疑応答集 専門部  総務部  調査研究部  広報部 事務局  事務局 リンク  関係機関へのリンク お問い合わせ  電子メール

会則・施行細則


・会則
・施行細則
・北海道特別支援学校事務職員会ホームページの運用方針について

○会則○

北海道特別支援学校事務職員会会則

(名称)
第 1 条 本会は、北海道特別支援学校事務職員会と称し、事務局を事務局長勤務校に置 く。

(会員)
第 2 条 本会は、北海道内の特別支援学校に勤務し、事務に従事する職員をもっ て構成する。

(目的)
第 3 条 本会は、会員相互の緊密な連携のもとに、学校事務の研究と会員の社会的 地位の向上を図ることを目的とする。

(事業)
第 4 条 本会は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
 (1) 会員の資質向上と社会的地位の向上に関すること。
 (2) 学校事務の研究と能率化に関すること。
 (3) その他、本会の目的達成のために必要な事項に関すること。

 (役員)
第 5 条 本会に次の役員を置く。
 (1) 会長      1名 
 (2) 副会長     4名以内
 (3) 事務局長   1名 
 (4) 監事      2名
 (5) 理事(支部長) 10名 

(役員の選出,任期)
第 6 条 役員の選出は、次の方法による。
 (1) 会長・副会長・事務局長・監事は、総会において選出する。
 (2) 常任理事は、会長が委嘱する。
 (3) 支部長・支部理事は、各支部会員の互選による。
2  役員の任期は、1年とする。ただし再任を妨げない。
3  支部長、支部理事が欠けた場合には、その所属校の後任者が前任者の残任期間 を代理する。

(支部)
第 7 条 本会に、次の支部を置く。
 (1) 石狩支部   (石狩地区)
 (2) 後志支部   (後志地区) 
 (3) 空知支部   (空知地区)
 (4) 道南支部   (渡島・檜山地区)
 (5) 日胆支部   (胆振・日高地区)
 (6) 道北支部   (上川・留萌・宗谷地区)
 (7) 網走支部   (網走地区)
 (8) 十勝支部   (十勝地区) 
 (9) 道東支部   (釧路・根室地区) 
 (10) 札幌市立支部 (札幌市立学校)
2 支部の運営については各支部において定める。

(役員の任務)
第 8 条 役員の任務は、次のとおりとする。
 (1) 会長は、会務を総理し、本会を代表する。
 (2) 副会長は、会長を補佐し、会長事故ある時は、あらかじめ会長が指定した順位 に従ってその職務を代理する。
 (3) 事務局長は、事務局を統括する。
 (4) 監事は、会計を監査し総会に報告する。
 (5) 常任理事は、第11条に定める専門部及び事務局に所属し、会務を処理する。
 (6) 支部長及び支部理事は、支部を代表し、理事会に出席して本会事業の推進にか かる事案を審議する。

(顧問)
第 9 条 必要に応じ、本会に顧問をおくことができる。この場合は、会長が総会にお いて推薦し、承認を得て委嘱する。
 2   顧問は、会長の諮問に応ずるとともに、会長の要請により必要な会議に出席 して意見を具申する。ただし議決権は有しない。

(会議)
第10条 本会の会議は、次のとおりとする。
 (1) 総会
 (2) 理事会
 (3) 常任理事会
 (4) 三役会
2  総会は、本会の最高議決機関であり、毎年1回会長が招集して開催する。ただ し、会長が必要と認めたとき、もしくは会員の4分の1以上の要求があったとき は臨時に総会を開催することができる。
3  総会の議決事項は、次のとおりとする。
 (1) 会則の改廃に関すること。
 (2) 事業報告及び事業計画に関すること。
 (3) 決算及び予算に関すること。
 (4) 会長・副会長・事務局長・監事の選出に関すること。
 (5) その他必要な事項に関すること。
4  理事会は、総会に次ぐ議決機関で、会長・副会長・事務局長・監事・支部長・支部理事・専門部長で構成し、必要に応じて会長が招集して次の事項を審議する。
 (1) 総会に関すること。
 (2) 事業推進に関すること。
 (3) その他必要な事項に関すること。
5  総会は出席者をもって、理事会は構成する役員の3分の2以上の出席をもって成立し、出席者の過半数の賛成をもって議決する。
6  常任理事会は、執行機関で、会長・副会長・事務局長・常任理事・特別委員会 委員長で構成し、必要に応じて会長が招集し、会務の運営にあたる。
7  三役会は、会長・副会長・事務局長で構成し、必要に応じて会長が招集する。

(専門部及び事務局)
第11条 本会の会務を推進するために、次の専門部及び事務局を置く。
 (1) 総務部
 (2) 調査研究部
 (3) 広報部
2  各専門部には部長、事務局には事務局次長を置き、会長が指名する。
3  専門部長は、担当副会長の指示を受けて専門部の事務を統括し、事務局次長は事務局長の指示を受けて事務局の事務を処理する。

(特別委員会)
第12条 本会には、必要に応じて特別委員会を設置することができる。
2  特別委員会の設置は理事会で決定する。
3  特別委員会の委員は、会長が委嘱し、委員長は委員の中より会長が指名する。

(実行委員会)
第13条 北海道特別支援学校事務職員会総会・研究協議会を開催するときは実行委員会を設置する。
2  実行委員会の委員は、会長が委嘱し、委員長は委員の中より会長が指名する。

(経費)
第14条 本会の活動に要する経費は、会費及びその他の収入をもって充てる。
2  会費は、会員1人につき年額2,000円とする。

(会計年度)
第15条 本会の会計年度は、4月1日から翌年3月31日までとする。

(補足)
第16条 本会則の施行に関し、必要な事項は理事会で細則を定める。

附則
   この会則は、昭和32年 4月 1日より施行する。
   昭和41年 6月13日 一部改正
   昭和42年 6月 9日 一部改正
   昭和43年 8月 7日 一部改正
   昭和45年 5月27日 一部改正
   昭和51年 5月28日 一部改正
   昭和53年 5月17日 一部改正
   昭和56年 6月 2日 一部改正
   昭和58年 5月27日 一部改正
   昭和59年 5月23日 一部改正
   昭和60年 5月23日 一部改正
   昭和63年 6月10日 一部改正
   平成 6年 6月 3日 一部改正
   平成 7年 6月13日 一部改正
   平成 8年 6月12日 一部改正
   平成 9年 6月13日 一部改正
   平成12年 6月16日 一部改正
   平成13年 6月 7日 一部改正
   平成15年 6月 5日 一部改正
   平成17年 6月 2日 一部改正
   平成19年 6月14日 一部改正

○施行細則○

北海道特別支援学校事務職員会会則施行細則

(趣旨)
第1条 この施行細則は、北海道特別支援学校事務職員会会則(以下会則という)第15条の規定に基づき会則の施行に必 要な事項を定める。

(役員)
第2条 会則第5条第2号に定める副会長は、3名(総務、調査研究、広報担当各1名)とする。ただし、理事会で必要と決定した場合は、この限りではない。

(役員の選出)
第3条 会則第6条第1項第1号に定める役員の選出は、事務局で総会の1ヶ月前までに役員それぞれの立候補者及び推薦者を募るものとする。
  2 理事会において、候補者を選考の上総会に提案する。
  3 候補者の選考にあたっては、必要に応じて理事会の中に選考委員会を設置する。
  4 選考委員会の委員は理事会の推薦に基づき会長が委嘱する。

(支部)
第4条 会則第7条に定める各支部ごとの学校名は別記のとおりとする。

(予算執行)
第5条 4月1日以降新年度予算成立までの間は、総予算の6分の1の暫定予算が組まれたものとする。

(専門部及び事務局、特別委員会及び実行委員会)
第6条 会則第11条及び第12条及び第13条による専門部及び事務局、特別委員会及び実行委員会の業務は、次のとおりとする。
1 総務部
 (1) 北海道特別支援学校事務長研究協議会の企画・運営に関すること。
 (2) 文教施策に関する要望のとりまとめに関すること。
 (3) 関係諸団体との連携、連絡調整に関すること。
 (4) その他総務に関すること。
2 調査研究部
 (1) 北海道特別支援学校事務職員研究協議会の研究部門における企画等に関すること。
 (2) 特別支援学校事務改善についての調査・研究に関すること。
 (3) 研修活動の振興、研究発表の促進に関すること。
 (4) その他調査・研究に関すること。
3 広報部
 (1) 会報の発行・情報の収集に関すること。
 (2) その他広報に関すること。
4 事務局
 (1) 総会及び各種会議の開催に関すること。
 (2) 会計事務に関すること。
 (3) 会員の慶弔に関すること。
 (4) 各部との連絡調整及び他の部に属さないこと。
5 特別委員会
  必要に応じ、設置の都度定める。
6 実行委員会
  北海道特別支援学校事務職員会総会・研究協議会の運営に関すること。

(専門委員会)
第7条 各専門部には、会長の指示により専門委員会を置くことが出来る。
2 専門委員会は、本会の目的遂行に必要な調査研究を行うものとし、委員は会長が委嘱し、委員長は会長が指名する。

(表彰及び慶弔)
第8条 会として行う表彰及び慶弔については、次のとおりとする。
1 死亡の場合
 (1) 本会会員が死亡した場合は、香料10,000円及び弔電により弔意を表す。
 (2) 上位以外で、三役会議で必要と認められた場合には、弔電により弔意を表す。
2 本条によりがたい表彰及び慶弔の事由が生じた場合は、三役会の協議にその処理をゆだねる。

附則 本細則は、平成15年 6月 5日より施行する。
        平成16年 5月 28日 一部改正
        平成17年 6月 2日 一部改正
        平成19年 6月 14日 一部改正
        平成21年 5月 22日 一部改正

別記

石狩支部

 石狩地区 12校
   高等盲学校
   札幌盲学校
   札幌聾学校
   札幌養護学校(もなみ学園分校、共栄分校)
   星置養護学校
   手稲養護学校
   真駒内養護学校
   拓北養護学校
   札幌高等養護学校
   白樺高等養護学校
   新篠津高等養護学校
   小樽高等支援学校

後志支部

 後志地区 3校
   高等聾学校
   小樽聾学校
   余市養護学校(しりべし学園分校)

空知支部

 空知地区 5校
   美唄養護学校
   南幌養護学校
   岩見沢高等養護学校
   夕張高等養護学校
   雨竜高等養護学校

道南支部

 渡島地区 6校
   函館盲学校
   函館聾学校
   七飯養護学校(おしま学園分校)
   五稜郭養護学校
   函館養護学校
   八雲養護学校

 檜山地区 1校
   今金高等養護学校

日胆支部

 胆振地区 3校
   室蘭聾学校
   室蘭養護学校(太陽の園分校―休校中)
   伊達高等養護学校

 日高地区 1校
   平取養護学校(静内ぺテカリの園分校)

道北支部

 上川地区 6校
   旭川盲学校
   旭川聾学校
   鷹栖養護学校
   東川養護学校
   旭川養護学校
   美深高等養護学校

 留萌地区 1校
   小平高等養護学校

 宗谷地区 1校
   稚内養護学校

網走支部

 網走地区 4校
   網走養護学校
   紋別養護学校(きたみ学園分校、ひまわり学園分校)
   紋別高等養護学校
   北見支援学校

十勝支部

 十勝地区 4校 
   帯広盲学校
   帯広聾学校
   帯広養護学校
   中札内養護学校

道東支部

 釧路地区 3校
   釧路聾学校
   白糠養護学校
   釧路養護学校

 根室地区 1校
   中標津高等養護学校

札幌市立支部

 札幌市立学校 4校
   豊成養護学校
   山の手養護学校
   豊明高等養護学校
   北翔養護学校



○北海道特別支援学校事務職員会ホームページの運用方針について○

                                   平成16年11月12日 決定

       北海道特別支援学校事務職員会ホームページの運用方針について

1 目 的 この運用方針は、北海道特別支援学校事務職員会の公式ホームページの作成・運営に関する指針として示すものである。

2 基本方針 当ホームページを利用して情報を発信する際には、不特定多数の者がアクセス可能であることを念頭に置き常に個人情報の保護に留意する。

3 個人情報の発信とその範囲 個人情報の発信に際しては本人の承諾を得ることを原則とする。ただし、役員の氏名・所属学校名は個人情報に含めない。
(1)氏名・住所・生年月日・電話番号
ネット上では原則として会員の氏名は発信しない。ただし、本人の了解を得た場合はその限りではない。
会員個人の住所・生年月日・電話番号はいかなる場合も発信しない。
(2)意見・主張等
会員の意見・考え主張等については、学校事務の向上や問題解決に効果が認められる場合においては発信することができる。
(3)写真
個人が特定されるものについては発信できないものとする。ただし、本人の承諾を得た場合はこの限りではない。また、役員については特に断りがない限り発信できるものとする。
(4)その他
著作権等に係る知的所有物をホームページ上に掲載する場合は、必ず知的所有権者の了解のうえ行う。

4 管理者及び管理運用責任者
(1) ホームページ管理者(以下「管理者」という)は会長とし、ホームページの管理運用を統括する。
(2) 管理者は、ホームページ管理運用責任者(以下「責任者」という)を置き、ホームページの管理運用の実施に当たらせる。責任者は事務局長とする。

5 運営グループの設置
(1) ホームページの管理運用、ホームページに掲載する情報の選定及び調整を行うため会長はホームページ運営グループ(以下「運営グループ」という)を設置する。
(2) 運営グループは、次の事項を所掌する。
 @ホームページの管理運用に関すること。
 Aホームページの掲載内容に関すること。
 Bセキュリティに関すること。
 C人権尊重及び個人情報の保護に関すること。
 D知的所有権に関すること。
 Eその他

6 ホームページへの登載・削除について
(1) ホームページに登載・削除する場合、責任者の合議ののち管理者の承認を得ること。
(2) 各専門部等に属する事項の登載・削除は、各専門部等の担当副会長の確認ののち、(1)の手続きによること。

7 禁止事項 次の事項を禁止する
(1)会の目的に反すること。
(2)第三者を誹謗又は中傷すること。
(3)営利行為及び法令に反すること。
(4)ID及びパスワードを盗用、貸借、漏洩、その他悪用すること。


TopPage